AGAに効く育毛剤@20代から始めるAGA対策

 

AGAに効く育毛剤

 

発毛作用があるとされているミノキシジルという成分を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。ミノキシジルというのは、本来は血管拡張剤として用いられており、高血圧になっている人に処方されることが多かったのですが、研究の過程でAGAにも効果があるということが分かったのです。

 

このミノキシジルが配合されている発毛剤として知られているのが、大正製薬のリアップです。ミノキシジル以外に、発毛作用が期待できる成分も含まれているリアッププラスもありますし、女性用の発毛剤であるリアップレディーなども発毛剤として販売されています。現在、リアップシリーズは30カ国で販売されており、人気の高い商品になっています。

 

リアップは、20歳以上でAGAの症状が現れている箇所に1日2回まで塗ることが出来ます。日本国内のメーカーから販売されているミノキシジル配合の発毛剤はリアップのみになっているのですが、海外ではファイザーというアメリカの製薬会社もミノキシジルが配合されている発毛剤の販売を行っています。

 

ファイザーが販売している発毛剤は、ミノキシジルの濃度がリアップよりも5倍もあるといわれています。薬局などではなかなか手に入れることが出来ないですから、手に入れる場合は通販サイトで購入をするのが無難でしょう。

 

フィナステリド

 

また、AGAの治療薬として知られているフィナステリドもあります。このフィナステリドという治療薬をはじめて聞いたという人もいるかもしれませんが、日本ではプロペシアと呼ばれています。プロペシアであれば聞いたことが有るという人も多いのではないでしょうか?

 

このフィナステリドというのは、前立腺がんや前立腺肥大の治療で用いられていたのですが、AGAに対しても効果が期待できることが分かりました。フィナステリドを服用することによって、5αーリダクターゼといわれるAGAの原因になる酵素の働きを抑えるため、AGAの改善が期待できるといわれています。

 

なお、フィナステリドというのは、副作用も確認されていますから、通販サイトなどで手に入れようと考えるのではなく、ちゃんと医師に相談をしてから処方をしてもらうようにしたほうが良いでしょう。また、フィナステリドを服用したことで、もしも副作用が現れたら、使用を中断し医師に必ず相談をしてください。

休肝日を作り肝臓を休ませる!

 

普段からお酒はあまり飲まないという人もいるでしょうが、それでもお酒を飲まざるを得ない時期ってありますよね。毎日のようにお酒を飲んでしまっていると、徐々に肝臓の働きも弱くなっていきます。

 

特に症状がないから大丈夫だろうと思っていても、肝臓というのは我慢強い内臓ですので、すぐに症状として現れるということはありません。ただ、いきなりお酒を飲んですぐに酔うようになってしまったり、疲労を取り除くことが出来なくなってしまったりするようになるということもあります。肝臓の疲れを摂るのにしじみがおすすめです。しじみ汁も効果的ですが、日常的にしじみのサプリメントを飲むとさらに肝臓に良いでしょう。

 

普段から大量のお酒を飲んでいるという人は特に注意を払うようにしなくてはなりません。毎日のように日本酒を五合以上飲んでしまっていたり、缶ビールを何本も飲む、ウィスキーをダブルで5杯以上飲酒してしまったりしているのであれば、アルコール性肝臓病にな手しまう可能性があります。

 

このような肝臓の病気にならないようにするためにも、肝臓を完全に休ませる日を決めるようにしましょう。このように肝臓を休ませる日のことを、休肝日というのですが、このように肝臓を休ませることによって、弱ってしまった肝臓を開封させやすくすることが出来るようになります。

 

肝臓というのは、アルコールを分解するだけの役割を持っているわけではありません。様々な役割を持っている内蔵になっていますから、休肝日を作るようにして、肝臓の働きを回復させるようにしなくては、肝臓病や別の重篤な病気に発展してしまう危険性が高くなってしまうのです。

 

休肝日を作ることによって、アルコールの分解も行われやすくなりますので、二日酔いや頭痛などの症状対策をしていくことも可能になります。いつも肝臓をフル稼働させてしまっていると、だんだん肝臓の働きが弱くなり、アルコールを分解しにくくなってしまいます。

 

ですから、完全にアルコールをカットする日を作って肝臓にしっかり急速を与えるようにしましょう。毎日のようにお酒を飲んでいるのであれば、最低でも1週間に2日は休肝日を作るようにした方が良いとされています。明らかに肝臓などの調子が悪いのであれば、もっと休肝日を作るようにした方が良いでしょう。そして、休肝日ではない日の場合も、飲みすぎて肝臓に負担を掛けてしまうということは避けるようにしてください。

 

また、休肝日には、肝臓にいい栄養素がしっかり含まれている食べ物を積極的に食べるようにしましょう。
例えば、ビタミンが多く含まれている緑黄色野菜や栄養素が豊富な大豆製品などを毎日食卓に取り入れるようにしてみてください。また、食事で食べ過ぎてしまっても、肝臓の働きが弱くなりやすくなりますから、ほどほどに食べるようにすることも大切です。

更新履歴